ウキウキ日和

おかあさんの日記

鬼と福と情熱の薔薇

節分は、手巻き寿司にしました。

 

手巻き寿司

銀葉草のみそ汁

冬野菜のブレゼ

 

売ってる恵方巻、高くて(^_^;)

納豆・かにかまサラダ・エビフライを巻きました。

冬野菜のブレゼは先日NHKで見た、志麻さんのレシピを参考に。

 

まず、野菜を切って鍋に入れておきます。

次に鶏むね肉にキツめに塩をしてフライパンで焼きます。

 

焦げ目が付けばオッケーです。

先程の切っておいた野菜の上にのせます。

 

蓋をして30分くらい火にかければ完成でーす\(^o^)/

鶏肉を切って、盛り付けけます。

詳しくはこちらのサイトで(*^^*)

www.kyounoryouri.jp

 

・・・

 

豆は、蒔きませんでした。

鬼は、そう悪い鬼はうちにはいないかな。

福は、なんだろ。

小さな鬼と、小さな福がいっぱいあると、日々楽しいんじゃないかな(*^^*)

情熱の薔薇の歌詞でそんな風なのあったっけ(^_^;)

大人になってから、歌詞がしみるという。

 

 

マルタイラーメン

ひとりのお昼に、マルタイラーメンをつくりました。

 

のり・ねぎ・残り物の唐揚げをトッピングしました。

もちろん、この状態(鍋)で食べます(^_^;)

ラーメンはこちらの乾麺です。

 

5食入りの袋ラーメンより、ストックに場所をとりません。

防災用ストックに良いかとも思いますが、あまり賞味期限が長くないです。

なのでちょこちょこ食べて補充の、ローリングストックで(*^^*)

 

ノンフライ麺なのに、唐揚げを入れて油っぽくするという(^_^;)

 

もずく雑炊と停電

鍋のシメでなく、いきなりもずく雑炊をつくりました。

 

もずく雑炊

納豆と醤油の実

冷凍ポテトフライ

野菜サラダ

 

まず、塩蔵もずくを洗います。

塩気が気になる時は、しばらく水につけておきます。

で、鍋に水・だし・を入れて沸騰させ、もずくを入れます。

今回はエリンギも入れてみました。

 

醤油と塩で味を調整したら、ご飯を入れます。

 

鍋底にご飯がくっつかないよう混ぜながら弱火で煮ます。

 

煮えたら、溶き卵を入れれば、

 

もずく雑炊の完成でーす\(^o^)/

 

もずくには、ゆずが合います(*^^*)

 

冷凍ポテトフライは油で揚げず、魚焼きグリルで焼きました。

庫内が狭いので、すぐに火がとおります(^o^)

水道や光熱費を考えると、素材からつくるより冷凍食品を利用したほうが安いって事もありますね(^_^;)

 

・・・

 

昨日は夕方、雷による停電がありました。

こんな時はポータブル電源の出番です。

先日の寒波対策で満充電しておいて良かった!

 

 

我が家のはこちらの前のタイプ。

色々ありますし、どんどんパワーアップしてますね。

 

灯油のファンヒーターの電源を差し込み、スイッチオン!

しかーし、作動しない。

調べたところファンヒーターは駆動時には600W必要みたい。

うちのポータブル電源は300W。

点いてしまえば55Wとかで作動するみたいですが。

なるほど、ひとつ勉強になりました(^_^;)

 

そして稼働させたのはこちら。

 

カセットガスは災害用にケースで購入してあります。

鍋料理でも使用しますので、ローリングストックですね。

 

ともあれ、今年から始めた豆炭こたつはポッカポカでした(*^^*)

エコで、頼もしい存在です。

 

停電は一時間くらいで復旧しました。

お向かいさんの年少と2歳の子たちは、さぞかし怖かっただろうな。

ずごい雷の閃光からの、真っ暗闇だったので。

私が豆炭あんかを熾して持っていってあげようかとしていると、娘はぬいぐるみを持っていこうとしていました(^_^;)

 

今日は充電式電池を全部充電しときます!

 

 

ふろふき大根

ふろふき大根をつくりました。

 

勝手口で発泡容器にて保存しておいた大根が凍ってしまったので、消費です(^_^;)

凍ったまま皮をむき、面取りします。

水に酒・だし・昆布を入れてコトコト煮ます。

 

その間に、柚子味噌をつくります。

みそ・酒・砂糖・ゆずの皮のすりおろしを煮詰めます。

 

生のゆずが売ってなかったので、乾燥しておいたものを入れました。

生のゆずなら、火からおろした後に追いゆず皮すると良いです(^o^)

 

大根のたくさん消費メニューはおでんか、豚の黒こしょう煮と決めていました。

大根を消費するために、他の具材にお金がかかるという(^_^;)

ふろふき大根、優秀です(*^^*)

 

 

具材たっぷり中華丼

中華丼をつくりました。

 

具材は、えび・ひき肉・大豆ミート・白菜・にら・玉ねぎ・たけのこ・ちくわ・きくらげ。

 

冷凍えびは解凍したら、酒と塩をまぶしておきます。

まず、白菜・玉ねぎ・にら・肉を少々の塩で炒めます。

 

しんなりしたら、他の具材を入れて炒めます。

 

水・酒・鶏ガラスープ・オイスターソースを加えて煮ます。

 

グツグツしたら、醤油を回し入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけます。

 

最後にごま油を回しかければ、

 

中華丼の完成でーす\(^o^)/

色々具だくさんにすれば、具材は何を入れてもおいしくできると思います!

たけのこを入れると中華丼っぽくなりますよね(^o^)

 

あとは最近見つけたこちら。

 

小さいラー油がすぐになくなるので、大きいこちらを買ってみました。

美味しいです!

一滴ずつ出ないので、つい、かけすぎてしまいますが(^_^;)

 

肉じゃがと筍みそ汁

肉じゃがをつくりました。

 

具材を切ってどんどん鍋に入れます。

 

玉ねぎは繊維に対して直角に切ると柔らかくなります。

離乳食の時は直角でした。

今回は、斜め45度くらいで(^_^;)

 

野菜を全部入れたら、しらたきをのせます。

 

ここで、砂糖・醤油・本だし・酒を適当に入れてから肉をのせます。

そして底の焦げ付き防止の為、ちょっと鍋を揺さぶります。

 

そして蓋をして煮て、

 

煮えたら蓋をとって、水分が多いようなら水気を飛ばし、

味をみて追いだし醤油をすれば、

肉じゃがの完成でーす\(^o^)/

 

早く春が来ないかと、筍の水煮でみそ汁をつくりました(^o^)

全国的寒波が去ったあと、雪がたくさん降りました(^_^;)

 

ぜんまい戻し方

ぜんまいを煮ました。

 

戻し方です。

まず、乾燥ぜんまいをたっぷりの水につけ火にかけます。

 

沸騰する手前で火を止め、そのまま一晩おきます。

こんな風に泡が出てきたら、火を止める合図です(^_^)

 

翌朝、水はそのままでまた、沸騰直前まで火を入れます。

だいぶアクが出てこんな色ですが、そのまま火を点けます。

アクがアクをよぶのだそうです。

 

沸騰直前まで温めたら、お湯を捨てます。

 

で、また水をはります。

 

で、また沸騰直前まで温めたら火を止めてそのままおきます。

そして手を入れられるくらいに冷めたら、ぜんまいをもみます。

もんで干したものは、もんで戻すと煮た時に縮まないのだそうです。

 

で、お湯を捨てて水をはり、また沸騰直前まで温めて放置します。

冷めたらもう1,2回くらい水換え作業をします。今度はもまなくてOKです。

いい感じに戻ってきた時にもむと、ちぎれてしまいます。

 

ふっくら戻ってきました。

 

そしたら、ぜんまい戻しの完成でーす\(^o^)/

結構太い!収穫から自家製です(*^^*)

 

あとは煮たり、みそ汁に入れたりして使います。

今回は煮物です。

その他の材料は、人参・ちくわ・油揚げ・厚揚げ・かまぼこ・里芋・こんにゃく・えのきです。人参はチンして柔らかくしておきます。

 

あとはぜんまいも投入し、だし汁・砂糖・醤油・酒で落し蓋をして煮れば完成です。

 

昔、田舎の祖母の家では近所の人が来るとこういう煮物や漬物がお茶うけで出ていました。

袋のチョコや煎餅でなく。

で、友達の一人でね、40代だけどそういう方を喜ぶ人がいるんですよ(^o^)

だからその友が来るって時は、そういう「ごっつぉ」を用意するんです(*^^*)

楽しいです(*^^*)